コツ教えます!!

学生必見!アルバイト選び講座

長期アルバイト求人に受かるための電話のマナー

電話連絡はマナーを守ろう

アルバイトの応募方法

アルバイトの求人情報で気に入ったものが見つかった場合、まずは電話で採用担当へ連絡し、面接のアポを取るのが通常です。ただしいきなり何の下準備も無しに電話してしまうと、場合によってはその電話での印象が悪くて不採用、ということにもなりかねません。採用担当は、忙しい通常業務の合間を縫って、アルバイト採用のために時間を割いているわけですから、手短に要領よく済ませなければ、相手を苛立たせてしまいます。せっかく気に入ったアルバイトに無事採用されるためにも、慌てて電話をする前に、確認しておくことがあります。

電話連絡はマナーを守ろう

募集要項の内容を確認

まずは当たり前のことですが、求人情報に記載されている募集要項をじっくりと読むことです。そして疑問点がある場合には、紙にメモしておきましょう。面接時あるいは最初の電話の際に、質問をして確認し、納得してアルバイト先を選ぶためです。ただし募集要項にあらかじめ書いてあることを質問すれば、ちゃんと読んでいないことがバレてしまいますし、読んでも理解していなければ、話が噛み合わないということにもなりかねません。そして相手に電話をするときには、紙とペンを用意して、面接の日時や注意事項や用意するものなど、必要な事項を書き留められるようにしておきます。

電話連絡をする時間帯

いよいよ電話を掛けるにも、時間帯を考えなければなりません。一般企業の場合には、始業時間の1時間後ぐらい、あるいはお昼休みの終了から1時間後ぐらいが目安です。始業直後やお昼休みの前後、あるいは終業時間の間近は避ける方が良いでしょう。もっとも飲食店などの場合には、一番忙しいのがランチタイムやディナータイムの時間帯なのであり、従ってランチタイムの始まる前か、又はランチタイムの終了後からディナータイムの始まる前までが良いでしょう。相手方の仕事内容やおおまかなタイムスケジュールの流れから、相手の立場を想像することが大切です。

電話で話す時のマナー

まず電話をかけて、最初から電話口に採用担当者が出るとは限りません。そのため相手の応答を待って、自分の名前をはっきりと名乗り、アルバイト採用の件で電話をしている旨を簡潔明瞭に伝えます。採用担当者の名前が分かっている場合には、その担当者に取り次いでもらいます。採用担当者との話は、面接の日時を調整するのが中心になります。相手が指定する日時、あるいは相手の候補日や候補の時間帯から選ぶといった形で調整し、決定したら、当日持参すべきものなども確認して、しっかりとメモしましょう。最後に復唱して「失礼します」と言った後、相手が電話を切るのを待ってから、自分も電話を切ります。