コツ教えます!!

学生必見!アルバイト選び講座

アルバイト求人に受かる面接の服装とは

好印象を与える服装とは

第一印象が勝負

大抵の企業やお店は、通常の業務に忙しく、人手不足からアルバイトを採用する場合にも、アルバイトの採用のために、それほど多くの時間を割くことができるわけではありません。面接のアポを取るための電話連絡もそうですが、基本的には第一印象が採用の合否を決めると言っても過言ではないほど大切です。
そして声だけの電話とは異なり、面接の場における第一印象は、選んだ服装にも大きく左右されてしまいます。そのためまずは、その職場や業務内容にふさわしい服装を選ぶことが重要です。仮にアルバイトの求人情報に「服装自由」などと書いてあるとしても、あるいは面接のアポを取るための電話での話の中で「普段着で良い」と言われたとしても、自分の都合の良いように誤解してはいけません。あくまで初対面の相手に、誠実さや協調性といった好印象を与えることを考えて、無難なシンプルかつベーシックな服装を心掛けましょう。間違っても、だらしない印象を与えたり、あるいはチャラチャラした派手な印象を与えるような恰好は、避けなければなりません。また帽子をいつも被っているという人も、アルバイトの採用面接の場では、脱ぐのがマナーです。以下に面接で使える服を取り扱うファッションサイトを紹介しますので参考にしてみてください。

好印象を与える服装とは

「ティティベイト(titivate)」

学生としての自由な服装との違いに戸惑うようであれば、ベーシックでシンプルな面接向けの服装選びに、女性向けの通販サイト「ティティベイト」を利用してみましょう。

ティティベイト

「トップイズム(TopIsm)」

同じく男性向けの通販サイトには「トップイズム」があります。こちらも豊富な数の商品が揃っていますので、男性の服装選びには最適です。

トップイズム

「コムサイズム(COMME CA ISM)」

また「コムサイズム」では、男女を問わず、面接で好印象を残すことができる服装を選ぶことができます。

コムサイズム

補足

そして、例えば飲食店系であれば、特に清潔感が重視されますし、アパレル系であれば、むしろそのお店のイメージに合ったおしゃれな雰囲気、そして塾講師であればスーツ姿といった具合に、具体的にそれぞれの業種に合せた服装を考えてみましょう。カフェやファミレスや居酒屋など、食品を扱う接客業では、それぞれの店ごとに細かな規則が定められていることも少なくありません。面接日の前日には、特にシャツやブラウスの襟や袖口が汚れていないか確認し、綺麗にアイロンをかけ、靴も磨いておきましょう。そしてアクセサリーは外すか、女性の場合には少なくとも目立たないものにしましょう。一方、塾講師や一般企業のオフィスでの事務のアルバイトであれば、そのまま仕事着になるスーツを選ぶと好印象です。髪型は、顔の印象をすっきりと見せるように整えましょう。女性の場合、長い髪は後ろに括るかまとめるなどして、額と耳を出す方が印象が良くなります。