コツ教えます!!

学生必見!アルバイト選び講座

アルバイトを長期で続ける秘策!

長く続ける秘策とは

アルバイトを長く続ける方法

アルバイトには、単発のものや短期のものもたくさんあります。それぞれの選び方で、自分に合ったアルバイトを選べば良いのですが、多くの場合、アルバイトは簡単に始められて簡単に辞められるという気楽さがあります。しかしこの気楽さが仇となって、アルバイトを始めてもすぐ辞めてしまう癖がつくと、せっかくの社会経験を積むチャンスをみすみす逃してしまったり、昇給のチャンスをフイにしてしまったりします。もちろん最近話題のブラックバイトなど、さっさと見切りをつけて辞める方が正解ということもありますが、そうでなければ、できるだけ長く続けたいものです。

長く続ける秘策とは

アルバイト先の選び方

まずすぐに辞めてしまう原因になるのが、実際に働いてみると、続けるのがしんどくなるようなアルバイト先を、自ら選んでしまっているという場合です。例えば通勤に片道1時間以上かかるとか、勤務時間帯が深夜で仕事が終わると疲れ果ててしまうとか、あるいは自分の適性に合わず常に無理を強いられる、などといったように、たとえ時給が高くても割の合わない仕事を選ぶと、長続きしません。あくまで学生の本分が学業にあることを考えれば、無理のないスケジュールを組んで、そこそこの時給で長く働き続けるという考え方も大切です。
また多くのアルバイトを一人の正社員が束ねるといった働き方も、不況の影響をもろに受けてしまう飲食店系などでは昨今珍しくないようですが、いずれにせよ上司との関係は大切です。逆に上司とぶつかると居づらくなってしまうので、信頼関係を築く努力をするとともに、合わない場合にはさっさとアルバイト先を変えることも大切かもしれません。

目標設定や友人の力

そしてアルバイトだから「いつでも辞められる」という意識で漫然と働くのではなく、半年あるいは1年など、目標を設定して、少なくとも自分で決めた期間は勤め続けるという意識を持つことです。一人では続けられないという場合には、友人と同じ職場でアルバイトするというのも良いでしょう。お互いに励まし合い、カバーし合ってなんとか続けているうちに、働くことが楽しくなるかもしれません。

欠勤する場合の一工夫

特にずる休みをするつもりではなくても、なんとなくアルバイトに行きたくないということもあるでしょう。しかしそのような場合に、連絡もせずに無断欠勤をすると、次から行きづらくなり、結果としてズルズルと休み続けて辞めてしまう、あるいは解雇されるということになってしまいます。あれこれ考えるとうっとうしいと感じるかもしれませんが、仕事を休む場合は必ず連絡を入れることで、続けやすくなります。