コツ教えます!!

学生必見!アルバイト選び講座

長期アルバイトの選び方の基準は?

アルバイトを選ぶ基準は何か?

アルバイト選びは重要

長引く不況で、地方から首都圏へと進学する学生も減っており、できるだけ自宅から通うことができる大学を選ぶ傾向が強まっています。更に大学生が奨学金を受けたり、アルバイトをして学費や生活費を稼ぐことも珍しくなくなるなど、学生とその親の懐事情は厳しいというのが現状です。その一方で「ブラックバイト」や「学生ユニオン」などが話題になるなど、学生生活との両立を図ることができるアルバイト先選びは、慎重になる必要があります。

アルバイトを選ぶ基準は何か?

アルバイト選びの基準

大学生のアルバイトといえど、今では業種によっては、非常に重要な戦力と考えている場合も少なくありません。特に飲食店系の場合、不況の影響をまともに受けてしまうが故に、少しでも企業の負担になる固定費を減らそうと、正社員を減らしてアルバイト店員で業務の多くをカバーしようという方針が定着しつつあります。大学生であれば、体力も若さも活気もあり、また高校生よりも長く働くことができます。学生時代のアルバイトに留まらず、その後の就職までをも見越しつつ、少しでも仕事を多く覚えて責任を担ってもらおうと、企業側は考えています。
また一方の大学生側にとっても、貴重な収入源を安定して確保するという意味で、お互いの信頼が大切であり、気まぐれに遅刻したり、いきなり辞めたりするというのは、厳に慎まなければなりません。そこで自分がアルバイト先選びにおいて、何を重要視するのか、何を基準とするのかを、よく考えておくことが大切です。大学に在学する4年間をできるだけ安定的に稼ぎたいというのであれば、当然のことながら長期的に働くことができる方が、昇給のチャンスもあって有利でしょうし、また旅行などが目的であれば、手っ取り早く稼ぐことができる方が良い、ということになるでしょう。また社会経験を重視する場合もあるでしょうし、学業優先で休みの間だけ稼ぐというのも選択肢の一つです。

春先からの求人チェック

大学生向けのアルバイト求人は一年中あるとはいえ、やはり春先は増えるのが通常であり、積極的に興味のある求人情報をチェックすることが重要です。初めてのアルバイトであれば不安を感じるかもしれませんが、「習うより慣れよ」です。初めから多くを望まず、まずは働くとはどういうことなのか、学生とは違う社会人としての働く意識を育てることから始めましょう。求人情報は、フリーペーパーや大学の学生用掲示板などの他、インターネット上にも溢れています。ただし条件の良さに釣られて怪しげなアルバイト先を選んでしまうと、思わぬトラブルや学業への悪影響などもあるため、情報の読み方にも慣れる必要があります。

当サイトへのお問い合わせはchoice_what_parttimejob@yahoo.co.jpまでお願いいたします。