コツ教えます!!

学生必見!アルバイト選び講座

長期アルバイトの選び方!ヤバイ求人を見分けよう

ヤバイ求人を察知しよう

ブラックバイトには要注意

大学生がアルバイトをして学費や生活費を稼ぐことが一般的になる一方で、企業側も正社員の数を減らして、その分の穴埋めをアルバイトに頼るという傾向が見られます。そこで過酷な労働環境や、不釣り合いに重い責任を押し付けられるなど、一部企業における「ブラックバイト」が社会問題化しています。このブラックバイトは、一度始めると中々抜け出せず、心身ともに疲労困憊して、成績が下がったり留年するなど、学生にとって深刻な事態を引き起こしかねません。そこでできるだけブラックバイトの罠に陥らないよう、最初のアルバイト先選びの段階で、うさん臭いアルバイト先を見分ける術を身に付けることが大切です。

ヤバイ求人を察知しよう

求人情報の見分け方

すべてがすべてブラックというわけではないでしょうが、常時募集中である企業は、何か裏がありそうです。常に募集していなければならないのは、採用されてもすぐ辞めてしまうようなもっともな理由があるのだろう、というわけです。また給与やその他待遇に関する情報が、「委細は相談の上」などとされているか、またはそもそも記載の無いものについては、疑った方が良いでしょう。堂々と情報を表に出せないような劣悪な労働環境なのではないか、ということです。誰しもが知りたがる情報でありながら、わざわざ隠していると考えれば、避ける方が無難でしょう。
そして「未経験者歓迎」というのも、企業が求める人材が、明らかに専門的な知識や一定の経験を必要とするような場合には、飛びつく前に冷静に考える必要があります。人が集まらないから、やむを得ず未経験者に頼っているという裏事情が透けて見えそうです。もっとも未経験者でも十分対応可能な、例えばお店のオープニングスタッフの募集などであれば、あまり危険はなさそうです。
その他、「若い世代の活躍」や「やりがい」を売り文句にしている企業の中には、中堅クラスが居つかない代わりに、アルバイトを使い捨てにするという場合もあり得ます。もちろんベンチャー企業など、実際に創業から間が無く、若い企業という場合もありますが、業歴が比較的長い場合には、注意しましょう。

実際の職場の見分け方

求人情報や採用面接だけでは、中々実際の職場がどのようなものか、分からないものです。しかしちょっと怪しいと感じながらも採用されてみて、やっぱりおかしいと感じた場合には、一日でも早く離れることです。例えばやたらと罰金規定があり、なにかにつけて給与から差し引かれるという場合には、ブラックである危険が高いと見て良いでしょう。また仕事のためだけに使用するものや販売している商品を、自腹で買わされる場合には要注意です。